【選び方Q&A】ドックフードの選び方でよくあるQ&A一覧

犬と一緒に生活する上では食事に関しては常に疑問が付いてくる事のひとつですが、私たちが食べているご飯をアレンジして犬用レシピで手作りであげたほうがいいのか?と思われている方は多いです。

  • ドライ?ウェット?どっちのドックフードがいいのか?
  • 手作り食の方が愛犬にとって栄養があるのか?
  • 無添加とオーガニックってどう違うの?

などドックフード選びで良くある疑問をまとめていこうと思います。

 

手作り食でも愛犬の体調が悪くなることもある?

犬にドックフードだけでなく、手作りレシピで与えている飼い主さんもいると思います。愛情をこめて愛犬の健康の為にと手作りレシピで与えても、総合栄養食のドライドックフードとは違い、犬にとって必要な栄養素が足りない場合が多くあります。

 

この足りない栄養素で長期間手作りレシピを与えていると、愛犬が体調を崩してしまうことも・・・。

 

ドックフードには犬に必要な動物性タンパク質や健康を維持する栄養素などを考えて製造されていますので、アレルギー体質で、アレルゲンを避ける必要があるという場合を除き、既製品のドックフードを与えることをおすすめします。

 

ドックフード選びで迷われている方は、目的別でおすすめのドックフードをご紹介していますのでご参考にしてみてください。

 

ドライ・ウェット・セミモイストのドックフードの違いとは?

ドックフードには、ドライ・ウェット・セミモイストの3種類がありますのでご紹介します。

ドライドックフード

ドライドックフードは水分を10%前後含んだ、歯ざわりが良く保存方法がもっとも簡単で扱いやすいです。

ウェットフード

ウェットフードは水分が75〜80%と非常に多いため、水分補給の苦手な犬向きな製品となっています。そして食いつきが良く、パウチや缶詰に入っていることが多いです。賞味期限が短く傷みやすいので、開封後は冷蔵庫や冷凍庫などで保存することが必要でなるべく早く食べさす必要があります。

セミモイスト

セミモイストは水分25〜35%で、ウェットフードより肉らしく、嗜好性が高いです。こちらも保存期間が短いため、粗悪な合成保存料を添加している場合もあります。

 

ドックフード種類

メリット

デメリット

ドライ

歯にも良い。
保存方法が簡単。
価格が安い。

安価なドックフードには犬の主食ではない「穀物」を含んでいることが多い。
原材料をしっかりとチェック。

ウェット

犬の食いつきは
かなり良い。
水分補給としてもおすすめ。

保存期間が短い。保存の為の粗悪な添加物を使用していることもある。
原材料をしっかりとチェック。

セミモイスト

肉っぽい食感で、
犬が好むことが多い。
歯の弱い犬には良い。

保存期間が短い。
合成保存料が含まれているものもある。
原材料をしっかりとチェック

 

総合栄養食のドックフードを購入すれば安心?

市販や通販で販売されているドックフードで始めに確認してほしいところが「総合栄養食」であるかどうかなのですが、ただこの表示があるからと言って安心してはダメです。1日に必要な栄養バランスが整っていても、粗悪な原材料を使用しているドックフードが普通に販売されているのでしっかりと原材料をチェックすることが必要です。

 

ドックフードのパッケージに下記のような原材料を使用していたらNGです!

粗悪な原材料

どんな動物性タンパク質が使用されているのかが不明なドックフードには、正肉・肉類・○○肉副産物・○○ミール・○○パウダーなどの表記があります。

 

添加物での香料や着色料、香味料などは粗悪な原材料の使用隠しを目的に添加されている場合が多いので十分に注意してください。それらを添加しているドックフードは、意識が低いメーカーだと思ってもいいでしょう。

 

トレーサビリティコードが表示しているドックフードはベスト!

ドックフードによっては、原料・製造・流通をどんな工程で出来上がったのかを確認できるトレーサビリティコードがパッケージに表示されていることもあります。これらを表示しているドックフードは、意識の高いメーカーで安心できると思ってもいいでしょう!

 

トレーサビリティコードを表示している人気ドックフード

カナガンモグワンオリジンファインペッツアランズナチュラルドックフードアカナネルソンズなど

 

子犬用ドックフード 成犬用ドックフード 高齢犬用ドックフード
子犬用ドックフード 成犬用ドックフード 高齢犬用ドックフード
グレインフリードックフード 無添加ドックフード 低アレルギードックフード
グレインフリードックフード 無添加ドックフード 低アレルギードックフード