愛犬がいつものドックフードを食べない時

いつも食べてくれているドックフードを食べてくれないこともあります。

 

ドックフードに飽きてしまったり、その時にお腹の調子が良くなかったからと簡単に決めつけると大変な事になる可能性もあります。

 

なぜなら、病気の原因もあるからです。

 

これは私たちだけでは判断することは難しいので獣医師に見てもらうようにしましょう!ただ、すぐにかかりつけ医に見てもらわなくても、ドックフードを食べなくなって2〜3日くらい様子を見て、それでもいつもと違う場合は見てもらいましょう。

 

見てもらう前に、簡単なチェック項目があるのでこちらも参考にして貰えばと思います。

 

ドックフードのにおいが原因の可能性


犬はドックフードの味覚を感じる感覚がかなり劣っています。犬がドックフードを食べない時は、フードのニオイが原因かもしれません!

 

犬の嗅覚細胞は人間の5倍〜70倍くらいあると言われていますが、どうしてもドックフードを食べてくれない時は、まずはドックフードを温めてからあげてみてください。

 

電子レンジやドライヤー(温度調節ができるのでオススメ)で温めるとニオイを強く感じるようになります。温めすぎて焦げたニオイになってしまうとさらに食べなくなるので注意してあげましょう!

 

ドックフードの味が原因の可能性

犬は味を感じる感覚が人間よりもかなり劣っています。ですが、アミノ酸と甘味には敏感で、特にアミノ酸が豊富な動物性たんぱく質の肉系のドックフードを与えるのも良いでしょう!

 

アミノ酸が豊富な動物性たんぱく質の肉系のドックフード一覧
 

動物性タンパク質

1日のコスパ

カナガン

149円

ファインペッツ極

176円

オリジン

282円

ティンバーウルフ

207円

アカナ

247円

 

ドックフードの質感が原因の可能性

犬にとっての口当たりというのは非常に重要で、これはドックフードの固さ、弾力性、粘着性が影響します。

 

犬はドックフードが細かく粉砕されている状態が比較的好みますので、食いつきが悪いときは、ドックフード(ドライフード)をミキサーにかけたり、ハンマーで粉砕して与える方法もあります。

 

ドックフードの与え方が原因の可能性

全く食べない時は、なんらかの病気が原因の可能性も考えられますが、全く食べない状態が2〜3日続いてしまうと体力が落ちてしまうことがあるので注意してください。

 

全く食べない時は、強制的に注射器やスポイトなどでペースト状のフードを与える方法があります。少しずつ口の横から流し込むようにしてあげるといいでしょう。

 

このようにしてあげると、胃腸が反応して食欲が復活することもあります。

 

食べない→与え方を工夫したが食べない→それでもだめなら病院へ連れて行ってあげてください。

 

ドックフードのローテーションが必要な可能性

犬がドックフードに飽きるということはありませんし、ローテーションが絶対必要というわけではありませんが、いつもあげているドックフードが何かの原因で食べなくなることがあります。

 

たまたま食べなかったからといって、ドックフードの代わりにおやつなどの美味しい食べものを与えてしまったら今後普段のドックフードは食べなくなることもあります。

 

その時はドックフードの種類を何種類か用意しておくと、ニオイの違いにより食欲が沸いてくることもあります。この方法も食べない時の工夫として利用してみてはどうでしょうか・・・

 

まとめ

私も経験がありましたが、食べさせていたドックフードのニオイや質感を上記の様な方法で試してみましたが効果がなく味やローテーションを試してみると効果がありました。

 

ローテーション用にと購入してみたカナガンは、アミノ酸が豊富な高タンパク質のドックフードで、変えてみたら一瞬で食べてくれました!

 

愛犬がドックフードを食べないっていうことは、犬の病気が原因の可能性がありますので注意したいところですね。

 

たべない理由の5つ(ニオイ、味、質感、与え方、ローテーション)でも分かるように犬にも食べたくないって敏感になることがあります。犬にも性格があるので食べたくないってわがままを言っているだけならいいですが・・・もし愛犬がドックフードを食べなくなったり、食べない時は一度試してみる価値ありですよ!

 

愛犬の年齢やドックフードの種類でチェック

子犬用ドックフード 成犬用ドックフード 高齢犬用ドックフード
子犬用ドックフード 成犬用ドックフード 高齢犬用ドックフード
グレインフリードックフード 無添加ドックフード 低アレルギードックフード
グレインフリードックフード 無添加ドックフード 低アレルギードックフード