多種多様のドックフードから愛犬に最適なドックフードを選ぶ秘訣!

ドックフードは大切な家族のご飯ですが、調べているとドックフードに粗悪な原材料を使っているメーカーもあり、身体に良くない添加物だと思わぬトラブルを引き起こす原因になります。

 

犬にとって安心で安全なドックフードの選び方をご紹介していこうと思います^^

 

安心で安全なドックフードの3つの選ぶポイント

@ 安心で安全な良質な原材料を使用しているドックフード

ドックフードの選び方で一番大切な安心で安全な原材料・成分をできるだけ使っているドックフードを選ぶようにしましょう!

 

できるだけ人間が食べても安全なヒューマングレードのドックフードを選んであげることがポイントです。見分け方は、公式サイトの原材料に曖昧な表示がないものを選んであげるといいでしょう^^

 

×曖昧な表示 ⇒ 肉類(チキン・
のようなは何のどこの部分か曖昧な表示なので注意が必要です。

 

◎丁寧な表示 ⇒ 骨抜きチキン生肉26%、乾燥チキン25%
このように肉原材料がどれだけ入っているかがきちんと表示されているドックフードを選んであげるといいでしょう!
※上記の例は安心安全で人気のカナガンを参考にさせて頂きました。

 

A 粗悪な添加物が入っていないドックフード

酸化防止剤としての人口添加物は愛犬の身体に悪影響を与える可能性がありますのでドックフードの原材料をしっかりとチェックしましょう。

 

下記の添加物が入っているドックフードは注意しましょう!
・ 酸化防止剤(エトキシキン、BHA、BHT)
・ 酸化防止剤が含まれている可能性が高い原材料(副産物・エキス・ミール・パウダー・ビートパルプ)
・ 合成着色料(亜硝酸ナトリウム、青色○号、赤色○号など)
・ 人口香料

 

これらの添加物により犬がガンになるリスクが非常に高くなりますので原材料・成分はしっかりチェックしてあげましょう!
粗悪な添加物を使っていないドックフードの詳細はこちら

 

B 主原料に穀物が大量に含んでいるドックフード

穀物を大量に摂取してしまうと消化が不完全になり、さらに肥満や糖尿病、低血糖症などの病気になりやすく、消化器異常や皮膚トラブルなどの穀物アレルギーになるリスクが高くなります。
穀物不使用(グレインフリー)のドックフードの詳細はこちら

 

安心で安全なドックフードの3つの選ぶポイントまとめ

このような3つのポイントを考慮してあげるとドックフードを選びやすいと思います^^

 

基本的には良質な原材料となります。その中での3つのポイントなので、良質な原材料・粗悪な添加物不使用・過多な穀物不使用この3つを見極めると良いドックフードを選びができると思います^^

 

良質なドックフードはコストが少し高いというデメリットもありますが、安全な原材料や粗悪な添加物が入っていないものを選べば安心です。

 

高品質で高級なドックフードを定期的に買うのが難しいという人は、なるべく体に悪い成分の含有率が低いものを選びましょう。少しでも身体の負担を減らせるドックフード選びが重要なポイントです。

 

どこのメーカーのドックフードがいいの?

いつも購入されているドックフードやこれから購入を考えているドックフードなど全てが製品化された完成品なのですが、どのような過程を経てドックフードができあがっているかを知っている人は少ないと思います。

 

販売されている商品から得られること以外の情報も調べてみましょう。発売元の会社の概要や基本情報など、インターネットを使って情報収集してみてください。「有名な企業だから」、「高級なドックフードだから」といった理由では安心できません。ドックフードの原材料を知ることで、ようやく商品の信憑性を見極められるのです。

 

当サイトではそれらの情報や口コミを収集して比較分析していますので各ドックフードを徹底解析したページも是非参考にしてみてください。

 

ドックフードおすすめランキングも当サイトで比較しているドックフードから「安全性(品質管理)」「アレルギー対策」「添加物・保存料」「良質な原材料」「コスパ」の5つを元に総合基準としてランキングしていますのでこちらも参考になれば幸いです^^

 

ドックフードの何を見ればいいの?

ドックフードは、主に5種類に分類することができます。

 

粗悪な添加物が入っていないもの

アレルギー対策が出来ているグレインフリーなもの

どんな肉を使っているか分からない副産物

 

などがあります。さらに、

 

総合栄養食なもの

ライフステージによる選び方

 

があり、この5つのいずれかから選択するようになります。

 

愛犬の健康をチェックし、どんな原材料が合うかあわないかをいろいろ試しながら判断しましょう。

 

愛犬に必要な栄養素は高たんぱく質の低炭水化物なものが犬にとって最適な栄養素となりますのでそちらも選ぶ上で重要になります。

 

逆に穀物メインのドックフードだと、犬は穀物を消化することが苦手なのでそのあたりもチェックポイントになります。売られている商品を買うだけでなく、知識を深めて商品選びをした方が愛犬の為になると思いますよ^^

 

【何がいいか迷ったら】管理人おすすめのドックフードはコレ!

ドックフード選びで迷ってしまったら、全犬種・オールライフステージで安心なドックフードのカナガンがおすすめです!

 

当サイトでも申込数が一番多いカナガンのドックフードは、すべての原材料がヒューマングレードで人工添加物も一切使用しないこだわりなので安心して食べてもらえますよ^^

 

穀物アレルギーのワンちゃんにもおすすめのグレインフリー仕様で全体成分の半分以上がチキンを使っていて、愛犬に必要な栄養素もばっちりです!

 

高タンパク質・添加物不使用・グレインフリーの3つの安心ポイントで、管理人イチオシのドックフードです!

 

カナガンのドックフードをもっと詳しく知りたい方は下記の詳細も参考にしてくださいね^^


愛犬の年齢やドックフードの種類でチェック

子犬用ドックフード 成犬用ドックフード 高齢犬用ドックフード
子犬用ドックフード 成犬用ドックフード 高齢犬用ドックフード
グレインフリードックフード 無添加ドックフード 低アレルギードックフード
グレインフリードックフード 無添加ドックフード 低アレルギードックフード