犬心(7大疾患ケア)のドックフードの成分や口コミ評判を徹底解析

   このエントリーをはてなブックマークに追加

 

犬心ドックフード

犬の7大疾患は高血糖・高脂血が原因で引き起こしてしまいますが、犬心(いぬこころ)糖&脂コントロールの低糖&低脂ナチュラル療法食で改善することが本当に出来るのかを分析していこうと思います。

 

犬の7大疾患には、クッシング症候群・膵炎(すいえん)・甲状腺機能低下症・高脂血症・糖尿病・メタボ肥満・脂質代謝異常症があり最悪の場合、生命に関わることもあります。「犬心ー糖&脂コントロール」ナチュラル療法食ドックフードとしておすすめできるかを徹底的に分析して徹底解析してみましたのでご参考になれば幸いです。

 

そして犬心のドックフードは公式サイトでしか購入することが出来ないので、使っている方の口コミや評判が少ないのも事実。購入が不安だという方にも安心の「食いつきチェックサンプル」を試してからキャンセルすることも可能です!このあたりも詳しくご紹介していこうと思います^^

 

犬心ドックフード

 

 

 

犬心(糖&脂コントロール)の原材料や成分をチェック

犬心ドックフード

 

犬心ドックフードの粒の大きさは小粒タイプの1種類となります。小粒サイズで、口が小さい小型犬や、シニア犬でも食べやすいのも嬉しいポイントです。

犬心(糖&脂コントロール)の原材料

生肉(牛・馬・鶏)、各生魚、魚粉、玄米、大麦、さつま芋、じゃが芋、ゴマ、ココナッツ、とうもろこし、大豆、ホエイ、海藻、花びらたけ、ひまわり油、冬虫夏草、乳酸菌群、ビール酵母、オリゴ糖

 

犬心(糖&脂コントロール)の成分

粗タンパク質28% 粗脂肪12% 粗繊維3% 粗灰分8% 水分8% オメガ6/1.63% オメガ3/1.29% エネルギー344kcal/100g

 

 

療法食としての犬心(糖&脂コントロール)は何が違うのか?

犬心ドックフード

 

犬の7大疾患対策におすすめの国産ドックフード

犬心のドックフードは犬の7大疾患に特化した原材料をしようしているので療法食としておすすめです。クッシング症候群・膵炎(すいえん)・甲状腺機能低下症・高脂血症・糖尿病・メタボや肥満・脂質代謝異常症などプレミアムドックフードではカバーしきれない栄養素をドックフードの原材料や成分を調整することによって対策することができます。

 

穀物をかなり使用しているけど大丈夫なのか???

犬心原材料を調べているとかなり穀物(玄米、大麦、大豆、トウモロコシ))を使用しているのですが、通常健康な犬には不必要な原材料ばかりでおすすめできないと思われがちです。ただ、犬心ドックフードは療法食として使用しているので下記の効果を期待できますのでご紹介させていただきます。

 

犬の健康を害するための添加物を徹底的に撤廃するために穀物を使用!

犬心ドックフードの原材料や成分値を見てもらうとわかるように、ビタミンやミネラルといった添加物は使用されていません。そこで添加物を使用しなくてもビタミンやミネラルを補うために玄米や大麦を使用しています。

 

玄米や大麦には天然素材のビタミンやミネラルを豊富に吸収できるため犬心では使用しています。また、大麦や玄米を使用しているのでアレルギーが心配という方にもこれらの原材料はアレルギー性が低いのでプレミアムドックフードでもよく使用されています。

 

穀物を吸収することにより血糖値の急上昇を抑える役割のために使用!

次に血糖値の急上昇を抑えるために消火速度の違う穀物を使用することによって急上昇を防ぐ役割があります。犬心ではその役割を最大限に引き出すためにトウモロコシと大豆を少量使用しているのです。

 

通常トウモロコシや大豆などはかさ増しのために第一主原料として使用しているドックフードメーカーがあるのですが、犬心のドックフードではこうした穀物を犬の糖尿病などにも対応できるように配慮されていてかなりおすすめのドックフードだと思いました^^

 

療法食なのに動物性たんぱく質をしっかりと吸収できる!

犬心のドックフードは総合栄養食ではなく療法食なのですが、新鮮な肉類を使用した動物性たんぱく質もしっかりと吸収できるように作らています。市販の療法食では穀物を第一主原料に使用して栄養素が足らないドックフードが多いのですが、犬心のドックフードはこの辺りも犬の健康をしっかり考えているなぁと感心しました。

 

βグルカンも使用しているので市販の療法食ドックフードよりもおすすめ

犬心のドックフードにはβグルカンという食物繊維をしっかり含まれている食材を使用しているのも良いと思います。

 

このβグルカンには腸の活性化や免疫力向上をサポートする原材料で、市販の療法食ドックフードでは見かけたことがありません。通常は犬用サプリメントなどに使用していることが多くおすすめの食材なのですが、犬心ドックフードにも使用しているところはかなりうれしいですね^^

 

 

犬心(糖&脂コントロール)の安心度チェック


ドックフードに特に危険な原材料や粗悪な添加物が入っていないかチェックしました。

  • 人間が食べない品質が悪い原材料の副産物・4Dミールが入っていないか?
  • 発がん性が確認されているBHA・BHTの酸化防止剤がはいっていないか?
  • 人間の食用では使用が禁止されているエトキシキン(防腐剤)が入っていないか?
  • 長期的に摂取するとアレルギーの原因になる穀物や粗悪な添加物を使用しているか?
BHA(酸化防止剤) BHT(酸化防止剤) エトキシキン(防腐剤)
なし なし なし
副産物 4Dミール 大豆ミール
なし なし なし
合成香料 合成着色料 ビートパルプ
なし なし なし
不明なエキス・パウダー 不明な動物性脂肪 穀物が主原料の物
なし なし なし

犬心(糖&脂コントロール)の総合評価

安心安全度チェック・・・
ドックフードの原材料・添加物の成分を基にランク付けして評価しています。

 

 

犬心(糖&脂コントロール)は7大疾患以外の犬にもおすすめできるか?

犬心ドックフード

 

原材料や成分を分析しましたが、粗悪な原材料は一切使用しないこだわりようです。ただ7大疾患を優先して作っているので低脂質・低カロリーとなっていますが、新鮮な肉類を使った動物性タンパク質が良質です。おすすめとしては、肥満やダイエットを考えている犬には療法食ですが総合栄養食レベルの成分値となっていますのでおすすめできます。

 

また、健康な犬に与えたいと考えている方には、低カロリーのため痩せてしまうことがありますが、良質な動物性タンパク質が豊富なカナガンなどと混ぜて使用してみてもいいかもしれませんね^^

 

 

犬心(いぬこころ)糖&脂肪コントロールのよくあるQ&A一覧

アレルギーの犬にも対応していますか?

アレルギーを持つ犬にとっても低アレルギー食としてもおすすめですが、アレルギーになり得る原材料も使用しています。玄米・大麦・トウモロコシ・大豆などを使用しているため過度なアレルギー症状がでてしまう犬は様子を見ながら与えましょう!玄米・大麦はビタミンやミネラルを吸収できるので無添加ドックフードにこだわりをもっているドックフードメーカーなら使用していることが多いです。どうもろこしと大豆は急激な血糖値を抑えるために使用しているので「療法食の犬心」としては7大疾患用に使用しています。

 

アレルギー用におすすめのドックフードは「モグワンドックフード」「アランズナチュラルドックフード」「カナガンドックフード」がおすすめです。
[徹底解析!]アレルギー対策用おすすめドックフードも参考にどうぞ

犬心を与えてから便が緩くなったのですがどうしてですか?

ドックフードを切り替えたときは1週間から2週間ほど緩くなる犬もいます。犬心の場合は善玉菌が増え便の状態を改善するために少し緩くなることがありますが健康上特に問題ありませんのでご安心ください。

7大疾患以外にも対応している症状はありますか?

犬心は公表はしていませんが、ストルバイト結石にも対応できる内容となっています。

 

 

犬心(いぬこころ)糖&脂肪コントロールドックフードの口コミ評判

 クッシングと糖尿病の併発...ショックでした

ドックフード

総合評価

犬の種類

犬心糖&脂肪コントロール

ダックスフンド 6歳


我が家の愛犬ダッシュは、5才のときにクッシング症候群を発症。そのわずか1ヶ月後に糖尿病を併発しているという診断を受けたのです。
病状を聞いて、本当にショックでした。
ダッシュが6才の誕生日を迎えてほどなく、「犬心」の存在を知りました。
試したところ、ダッシュの機嫌がとても良く、口にも身体にも合っていると感じています。

 これしかないと思って、続けています。

ドックフード

総合評価

犬の種類

犬心糖&脂肪コントロール

ポメラニアン 6歳


サラの異常に気づいたのは、脱毛がきっかけでした。元々、毛並がいい子だったのですが、首やお腹まわりの毛が抜けていました。
そして、何度か検査を受け、クッシングと診断されたのです。
落ちこんでいたときに、「犬心」のことを知りました。まだ脱毛は残っていますが、皮膚の状態が安定しています。これしかないと思って、続けています。

 散歩に行って活発に動いています

ドックフード

総合評価

犬の種類

犬心糖&脂肪コントロール

ボストンテリア 8歳


クッシング症候群を発症したのは、ハムが7才になったばかりの頃でした。以来、何とかやってきましたが、昨夏、甲状腺機能低下症も併発してしまいました。
闘病は続きますが、ハムの食事療法ができ、とても助かっています。
調子が良い日と悪い日があるものの、良い時は散歩に行って活発に動いています。

 

この調子で、健康生活を続けて欲しいと思います。

 毛が抜けて、本当にショックでした

ドックフード

総合評価

犬の種類

犬心糖&脂肪コントロール

トイプードル 7歳


メグは、甲状腺機能低下症をわずらっています。首からはじまり、お腹や背中にかけて毛が抜けてしまったときは、本当にショックでした。
とにかく活発な子だったのに、ほとんど動かなくなり、かわいそうでなりませんでした。
「犬心」で、状態が安定しているように思います。散歩にいきたがることもありますし、活発なメグが戻ったように感じるときがあります。

犬心ドックフード

 

 

犬心(いぬこころ)糖&脂肪コントロールの最安値を調べてみました

おすすめの犬心はどこで購入すると損せずお得に購入できるのかを公式サイト・アマゾン・楽天から分析してみました。

 

公式サイト

楽天市場

アマゾン

単品購入(1kg)

2600円

扱いなし

扱いなし

まとめ買い(3kg)

6500円

扱いなし

扱いなし

まとめ買い(6kg)

11500円

扱いなし

扱いなし

まとめ買い(9kg)

16000円

扱いなし

扱いなし

まとめ買い(12kg)

19800円

扱いなし

扱いなし

送 料

無料※1


※1 送料は単品購入の場合 510円(北海道・沖縄県へは1,210円、東北地方へは810円)となります。まとめ買いや定期コースでご注文すると送料は無料となります。(北海道・沖縄県へは別途700円、東北地方へは別途300円)

 

犬心の最安値通販を調べてみましたが、公式サイトでしか購入することができませんでした。なので犬心の最安値通販は公式サイトとなります。

 

犬心の公式サイトでは「単品購入」「まとめ買い」「定期コース」の3つの購入方法があるのですが、損せずお得に購入する方法は「まとめ買い」か「定期コース」で購入する方法が一番お得だと思いました。

 

まとめ買いか定期コースがお得な理由とは?

初めて購入する時に一番心配なのが、愛犬が食べてくれるか?喜んでくれるか?がドックフードを与えるときに重要になってくると思います。

 

なので「まとめ買い」「定期コース」をすすめられても・・・と思いますよね!

 

犬心ドックフードを製造している大和菌学研究所/マッシュルーム・デザイン・スタジオさんは、食べなかったら自由にキャンセルすることが出来るため安心して試してみることが可能なのです。
犬心ドックフード
初回無料お試しができる「定期コース」「まとめ買い」では犬の食いつきを確認してから始めることができますし、価格も単品購入よりもかなりお得に購入することが出来ます。なので療法食としておすすめの犬心ドックフードを購入する場合は初回お試しができない単品購入より、無料でお試しで食いつきをチェックしてから始める「定期コース」「まとめ買い」が断然お得に購入することが出来ます!

 

 

犬心(いぬこころ)糖&脂肪コントロールの総合評価

販売会社

大和菌学研究所/マッシュルーム・デザイン・スタジオ

商品名

犬心(いぬこころ)糖&脂肪コントロール

種類

特別療法食

詳細

糖&脂肪コントロール 低脂肪/低カロリー

こだわり

犬の7大疾患の併発にも効果がある特別療法食で100%無添加の日本製にこだわりがあります

生産国

日本

サポート体制

あり

返品・交換

可能(お客様の都合では不可)公式サイトにお問い合わせ窓口あり

 

犬心(いぬこころ)糖&脂肪コントロールのドックフード

ここまで、犬心の原材料・成分や口コミ評判を見てきても、当サイトでも療法食やダイエット肥満などの犬にオススメできる高品質なトップクラスのドックフードだと思います^^

 

特別療法食といジャンルのドックフードのため口コミや評判は少ないですが、原材料・成分値をみても犬の7大疾患としておすすめできるドックフードだと思いました!価格は1kg2600円とかなり高価な印象はありましたが、日本製で100%無添加、原材料や成分値もすばらしいので試してみる価値があると思います。

 

また、定期コースやまとめ買いの場合は、無料お試しで納得してから注文を確定するので安心して与えることが可能です!!

  • 7大疾患の併発や対策として日本製の安心感のあるドックフードを与えたい!
  • 腸内環境や免疫力サポートにも効果を発揮するβグルカンも含まれている!
  • ビタミンやミネラルなども天然素材で100%無添加で安心!

このような飼い主さんの悩みを解消してくれる、飼い犬の健康はこちろんのこと、肥満犬のダイエットとしてもおすすめの低カロリー・低脂肪ドックフードが犬心なのです^^

 

原材料は全て人間でも食べられるヒューマングレードになっていますので、愛犬に安心して与えることのできるドックフードと言えます。一度試してみたいという方は下記の緑のボタンをクリックして公式サイトを確認してみてくださいね^^

 

犬心ドックフード